住宅地盤調査

宅地地盤調査の目的

地盤が安全に住宅を支持できるかどうか判断するためには、地盤の特性を把握する必要があります。

1.地形を知る(微地形図,土地条件図など)

  • 地質学・地形学→ 理学 = ロケーション調査

2.土質を知る(地盤調査,土質試験など)

  • 土の物理的性質・力学的性質・化学的性質
  • 土質力学・地盤工学→ 工学

地盤の土質判定 地盤の地層構成

地盤調査の方法-1 SWS試験

スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)

  1. 安価な試験方法である。
  2. 装置が簡便である。(自動測定可能)
  3. 簡易なサウンディングの中では比較的貫入能力に優れている。

上記の理由などから、小規模住宅の地盤調査には非常に多く用いられています。

SWS試験結果の一例

03

地盤調査の方法-2 SDS

04従来型の全自動SWS試験機(日東精工製 ジオカルテⅡ、Ⅲ)に、新たな計測項目を付加した試験装置を用いて調査

測定項目
1.貫入深さ
2.載荷荷重
従来のSWS試験機でも計測可能な項目
3.回転トルク
4.回転あたりの貫入量
5.沈下速度・回転速度
新たにSDS試験機で計測する項目

 

得られたデータを解析することで、安価に土質判別が可能になります。

自動SDS試験装置

SDS試験の実例-1 土質を見抜く

08

SDS試験実施によって粘性土は深度GL-4.0mまで。以深は砂質土主体と判明!

杭の支持力計算に大きく影響します!

SDS試験の実例-2  設計を見直す

09

今後の宅地調査

10

11SWSとSDSを組み合わせることで、SWSで確認申請を確実に通し、SDSで沈下の危険性を見抜く使い方が最も有効です。
調査P数は右図のように、
四隅SWS×4 + 中央SDS×1
を基本とし、その他、建物の形状や大きさに応じて調査提案いたします。

Copyright©SANWA BORING,2015 All Rights Reserved.

このページのトップへ